スマホはどんな携帯?

スマートフォンは、一言でいえばパソコンに近い作りの次世代携帯電話のことです。

一般的には「スマホ」あるいは「スマフォ」の愛称で呼ばれています。

タッチパッドで操作できるのが特徴であり、また、インターネットの使い勝手がよく、ホームページの閲覧・youtubeなどの動画視聴・PCメールWebメールといったことが快適に行えるように設計されています。

ガラケーとは何が違うのか?

スマホは従来の携帯電話(現在は「ガラケー」あるいは「フィーチャーフォン」と呼ばれているタイプ)と比べて次の点に違いがあります。

1:操作性

2:アプリが使用できる

3:見れるサイトが異なる

4:メールアドレスの種類が異なる

 1:操作性が異なる

スマホとガラケーの一番分かりやすい違いは、ずばり、操作性です。

従来のガラケーがボタン操作であるのに対して、スマートフォンは指でなぞって操作するタッチパネル方式です。

その違いは特にメールを打つ時に顕著に表れます。

ガラケーではボタン操作で文字を入力するのに対し、スマホでは画面上に現れるキーボードをタッチすることでパソコンと同じように文字入力ができるのです。

また他にも、搭載されている機能を使用するときも、ガラケーではボタン操作で機能の呼び出し・選択をするのに対し、スマホでは画面上に現れる機能をタッチするだけで使用できます。

ガラケーと比べてとても操作が簡単になったといえますね。

 2:アプリが使用できる

ガラケーと決定的にことる点として、スマホではアプリを使用することができます。

アプリとは、ゲームやメール・音楽プレイヤーといったos上で動くソフトウェアのことで、スマホはネット上に有料・無料で公開されているこれらのアプリをダウンロードすることでカスタマイズすることができます。

つまり、ガラケーの場合、使用できる機能は基本的に最初から搭載されていれているものに限定されるのに対し、スマホはあとから機能を増やすことができるということですね。

このアプリの存在は大きく、スマホが普及したのもアプリが使用できるからという理由が大きいようです。

 3:見れるサイトが異なる

スマホがガラケーと異なる点として、閲覧できるサイトの種類があげられます。

ガラケーでも携帯サイトやPCサイトが見れますが、PCサイトの中には閲覧できない、あるいは閲覧できる部分が大幅に制限されているサイトが数多くあります。

しかし、パソコンに近い作りのスマートフォンでは、ほとんどPCサイトをPCで見るのと同じように見ることができるのです。

ただし、スマホではガラケーとは逆に携帯サイトは閲覧できません。

この意味で、スマホは携帯電話にPC機能を追加したというよりも、PCに電話機能を搭載した機械というべきかもしれませんね。

4:メールアドレスの種類が異なる

携帯電話では、○○@docomo.ne.jpや△△@ezweb.ne.jpといったアドレスが1つの番号につき1つだけしか使えませんでしたが、ス ートフォンではパソコンで使っているアドレスやWebメールといったフリーアドレスがいくつでも使えます。

勿論、これまでガラケーで使用していたメールアドレスも引き続き使用可能です(あくまでガラケーからスマホに機種変更した場合ですが)。

ただし、この引き継ぎはスマートフォンの機種によってはできない場合があるので注意が必要です。

 

以上のことからわかるようにスマホはガラケーと比べて非常に汎用性にたけた優れた携帯端末なのです。

カテゴリー: スマートフォン研究 | 1件のコメント